Top
コルカタ記1 -ベンガル語の戦い-
最近、ベンガル語で困ることがなくなってきたので、コルカタ生活も楽勝だろうと思っていたのですが、甘かったようです。
というか、半泣きなぐらいに落ち込んじゃってたわよ、10日間のコルカタ生活!

【場面1:インド人のおじさんに重要なお願いをする。】
私、思いっきり丁寧なベンガル語で、しかも内容も具体的に話して、
「ってな訳で、お願いしますよ、おじさ~ん」ってな話をベンガル語で長々とまくし立てました。

すると、おじさん、
隣にいたインド人の少年に向かって、
「この子、何て言ってるの?(ベンガル語)」

・・・。

その後、「英語話せるなら、英語で話して。(英語)」と言われる。

これ、コルカタ初日。隣にいた日本人の友人、爆笑・・・。


【場面2:初対面のインド人女性にベンガル語で話しかけてみました】
インド人女性「(英語)どうしてベンガル語を話すの?」
私「(ベンガル語)私、英語よりベンガル語が好きなんです。」
インド人女性「(英語)でも、あなたのベンガル語は聞き取りにくいから、英語を話して頂戴。」
私「・・・。」

失意の私は、その後、近くにいたインド人男性に「私のベンガル語が通じない!」って相談をして、「じゃあ、コルカタに住めばコルカタのベンガル語が話せるようになるから、僕と結婚しようよ。」と口説かれました。(Rhythmのムクトダーですよ。もちろん冗談でっす。)


【場面3:これはタクシーの運転手、雑貨屋の人、道端の物売り、色々】
私「(ベンガル語)~ですか?(いくらですか?とか、どこですか?)」
インド人「(ヒンディー語)~ですよ。」

そうなの!
コルカタは、他の地域から来たインド人も多いから、片言のベンガル語を聞くと、「ヒンディー語の方がこの人には分かるでしょう」と親切心を起こして、ヒンディー語を話してくれちゃうのです。

こんな状態になったときは、私(ベンガル語)、インド人(ヒンディー語)、のまま、ずっと会話していました。。ヒンディー語、分からないってば。。
あまりのショックで、友人にヒンディー語の本借りちゃったよ。


と、
そんな悲しい出来事もあった10日間でした。

そうそう、コルカタのベンガル語と、バングラデシュのベンガル語、口語で使うような、教科書に載っていない言葉が、結構違ったりしてるの。
使いこなせませんでした。。


がんばれ、わたし。
[PR]
by shizuka_t | 2010-01-31 03:33 | インド古典音楽
<< コルカタ記2 -新たな出会い- ダッカへ戻りました >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧