Top
ゆとりーとラインはLRTみたいでした。
バングラデシュ在住時に、「日本帰ったら、これをやる!」ってな夢をいくつか抱いていたのですが、昨日、2つ実行してみました。

1.ゆとりーとラインに乗る。
2.温泉に入る。

バングラデシュの日本人コミュニティーの中で、愛知県出身の人が集う会「愛知県人会」なるものがあったのですが、ゆとりーとラインの話が時々出てきたの。
で、一回も乗ったことないから、これはいつか乗っとかんといかんな、と。
そんで、乗ってみたら、シンガポールのLRT思い出しました。
LRTは高層アパートの隙間を縫うように走っちゃったりして、ウキウキ。ゆとりーとラインはちょっと高いとこから田んぼも広がる平野を見渡せて、絶景。
こういう、ちまっとした交通機関、なぜかぐっときます。なぜでしょ。
ゆとりーとラインLRTとは何ぞや?という方はリンク先をご覧あれ。)

で、温泉は、人工温泉、というか、スーパー銭湯ですが、いえいえ、満足です。
温泉文化のある日本、素敵!老若男女みんな裸の付き合い、素敵!!(女湯のため、残念ながら老若男いませんでしたが。)

そして、お薦めライブのお知らせです。

***

b0122370_9233227.jpg


■2010.6.2「マタジーとツインヨシダー 天竺神楽vol.3」

【日時】2010年6月2日(水) 開場18:30 開演19:00

【場所】スペースジー
    名古屋市千種区田代本通2-8(覚王山4番出口より徒歩8分)

【出演】マタプラサードミシュラ(カタックダンス・タブラ)
    ヨシダダイキチ(シタール)
    吉田こうき(シタール)

【料金】予約2500円 / 当日3000円(各チャイ付)

【お問い合わせ・ご予約】
    052-763-0826(ビーナトレーディング)
    sarega@nifty.com(吉田)

※インド古典芸術の一大拠点であるバラナシより、超絶カタックダンサー、マタジー
が今年も来日!これまでの来日公演の評価の高さは多くの方の知るところとなってい
ます。今回は各方面で異色の活躍を続ける二人のヨシダによるシタール共演も見物で
す。是非ともこの機会、お見逃しなく。

<プロフィール>
■マタ・プラサード・ミシュラ(インド舞踊家・タブラ奏者)
1968年インドの聖地ベナレスに生まれる。音楽一家のもとに育つ。
カタック・ダンスをアラカナンダ・デビ女史に、タブラをパンディット・パンチ
ュ・マハラジ氏に師事。10歳の時にインドの主要都市各地で カタック・ダンス
とタブラの公演活動を開始。
インド国内ではベナレスで最大のサンカット・モーチャン・フェスティバルなど
、有名なフェスティバルに出演。又1994年スペイン・マドリードでのインターナショ
ナルダンス&タブラフェスティバルなどを始めスイスなどヨーロッパ公演多数行う。
そのダイナミックでエネルギッシュなダンスは観客を魅了し熱烈なファンも多い。
2005~2007年の来日公演は大好評を得る。オールインディアラジオのタブラ部門で
1位を始め受賞も多数。カタック・ダンスワークショップも積極的に開催。
インド国内外で後進の指導にも当たっている。

■ヨシダダイキチ(シタール奏者)http://www.yoshidadaikiti.com/
1996~インドにてシタールを始める。
2006~ウスタッド・シュジャート・カーン/ustad shujaat khanの弟子。
ボダムス・YOSHIMIOとのsaicobaba、AlayaVijana、sitaar-tahで活動。
それぞれsaicobaba5枚、AlayaVijana3枚、sitaar-tah3枚のアルバムをリリース。
UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、朝崎郁恵アルバム
「はまさき」をプロデュース、灰野敬二とのライブアルバム、他がimportant/achive-record
よりリリース、ボアダムス・オープニングアクト、sonic youthオープニングアクト、
06年フジ・ロック・フェスティバル出演、ダライラマの提唱する世界聖なる音楽祭出演。タブラ奏者アルナングシュ・チョドリ、マタプラサッド・ミシュラ、バリを代表する世界的ガムラン・グループ「スダマニ」、ブラジル音楽のヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、マリコス・スザーノ、ジム・オルーク、ほか共演。

■吉田こうき(シタール奏者)http://homepage2.nifty.com/gyan/
'93年よりバラナシにてP.M.チャッタルジーにシタールを学ぶ。
'97年より、不世出の奏者といわれた故 pt.ニキル・ベナルジー屈指の後継者、アミット・ロイに師事、研鑽を積む。
近年、コルカタにてSangeet Research Academyの講師、ジャイヌル・アベディンよりインド声楽も学んでいる。
愛・地球博、みなとみらい、富良野演劇工場など、日本各地のイベント、文化施設での公演は年間100本近くに渡り、'07年には本国インドにて日印交流記念式典に出演、好評を博す。同年、インドの巨匠タブラ奏者Abhijit Banerjeeの来日ツアーにて共演を果たす。近年ではタイ・バングラデシュでの公演を成功に収めている。

***

「マタジー&ツインヨシダー」は、私、受付お手伝いに行きマース。バングラからサリーが届いてたら、着飾ります。bibiの青いサリー着たいな。うふ。

でもって、5月21日(金)には、シタール奏者吉田こうきさん、インドヴォーカリストLilyちゃんとガルーバにて演奏させてもらいます。ガルーバ、ご飯がめちゃめちゃ美味しいので、是非遊びに来てね。
[PR]
by shizuka_t | 2010-05-10 09:30 | お知らせ
<< 帰国後2ヶ月ほどたちました。 演奏会やら、合宿やら >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧