Top
Raga Bhairavi 2
勝手にRaga Bhairaviを語る、の続き。

まあ、語るもなにも、ただの独り言ですので、そんな感じで。

今日の土曜日、午前中から、感動に打ちひしがれていました。
というのも、ラーガを詩で表現してある本「What the Raags Told Me」のRaga Bhairaviのとこを読んだらねえ、これが、あなた、めちゃめちゃ素敵だったの。

そうそう、この本、とてもオススメです。どんな本かは、過去の日記で。

まずね、この本、Ragaの前に、まずタンプーラの項目から始まってるぐらい、かなりちゃんと順序立てて書かれている本で、Raga Bhairaviは、やっぱり一番最後の項目。
※インド音楽は、実際のライブも、音の成り立ちも、まずタンプーラの音から始まる。そして、Bhairaviは、オールナイトコンサートの最後に演奏されるRaga。

そして、まあ、内容は思いっきり詩的で素敵なんだけど、ちゃんと和訳する力量が私にないから、かいつまんで書いてしまいます。(本当は良くないねえ。ごめんなさい。ぜひ、実際に読んで欲しい、と願いつつ。)

※Raga Bhairavi(バイラビ)とRaga Bhairav(バイラブ)は、違う2つのラーガなので、以降、注意!

***

Raga Bhairavi

「ああ、私は色んなラーガを学んできた。しかし、何を得られたというんだろう。」
と、私はうちひしがれている。
そして、部屋の片隅に置いてあったタンプーラを手に取ってみたが、タンプーラをつまびく勇気がでない。
しかし、いざ弾いてみると、すぐに音の世界に入り込み、とあるイメージが沸いてくる。
それは、シバ神だ。私はRaga Bhairav(シバ神を象徴するRaga)の気分にひたる。
すると、次は、柔らかく優しい光が私をつつみ、気づくとタンプーラの音は消え、そこには、Bhairaviがいる!
彼女は、私に語りかける、
「私の足元に広がっている様々な花々は、様々なRagaの象徴。あなたが望めば、現世でも来世でも、ずっとRagaの香りをかぐことができる。
そして私は、私独自の方法(Bhairaviの音階)で、私の夫(Shiva)を祝福する。
この私の美しい宝石(旋律)は、あなたのもの。そして、あなたも、私のもの。」
Mother Bhairaviは姿を消し、タンプーラの音が戻ってきた。私は、満ち足りた気分になり、また音楽の道を進んでいく。

***

文章がちょっとあれですが、にゃんだか素敵じゃないですか?
終わりのイメージと始まりのイメージ、そして、ゆるぎのない安定した宇宙的なイメージ。
※インド思想やヒンドゥー教思想的に、「Mother 母」というのは、「宇宙」のような大きな存在のイメージ。

ヒンドゥー教の神様が出てくるから、知らないととっつきにくいかもしれないけど、
私のこれまた勝手な思い込みだと、シバ神は、絶対的な神様。手の届かないところにいる、崇高な格好良いお方。
Raga Bhairavは、このシバ神そのもののイメージのラーガ。下は、BhairavのRaga Mala(ラーガを表わす絵)。水色の人がシバ神。
b0122370_283024.jpg


そして、Raga Bhairaviは、wikipediaだと、シバ神の奥さんの女の神様(カーリー、ドゥルがー)って説明になってるけど、下のRaga Mala(ラーガを表わす絵)ではシバ神を称える女性。そっちの方が私もすんなり思えるなあ。
※女の人がお花を供えてるのは、シバリンガといって、シバ神の象徴。まあ、男性器をかたどってあるのだけどね。
b0122370_210437.jpg


ま、そんなRaga Bhairaviに関することに、にゃんだか感動していた1日だったのでした。
ラーガは、面白いねえ。

下の動画は、Pt.Nikhil BanerjeeのRaga Bhairavi。タブラは、Pt.Anind Chattarjee。
ちょっと前は、NikhiljiのVCDが発売されただけで、すごく話題になったりしてたけど、今はyoutubeに貴重な動画があるんだから、すごい世の中だなあ、とかも、思ったり。


[PR]
by shizuka_t | 2011-01-23 02:14 | インド古典音楽
<< raga sohini Raga Bhairavi >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧