Top
カテゴリ:バングラデシュ( 119 )
エクマットラがテレビに出るよ!
NHK BSハイビジョンで去年放送された番組が、
NHK総合で再放送されます。

『ミッション 僕たちが世界を変える』NHK総合
1月10日(月)成人の日 午前 10:05~10:59


私がバングラデシュ在住時代、少しお手伝いさせてもらったり、
子供と遊んだり、子供に遊ばれたりしていた、
NGOエクマットラが紹介されます。

この番組、すごくちゃんと作ってあって、
とっても面白かったので、おすすめです。
エクマットラのことも、バングラデシュのことも、
良く分かります。
エクマットラ代表の渡辺大樹さんが、電話で漫画家の西原理恵子さんとお話、
なんて場面もあります。ふふふ。

エクマットラのことは、ここに何度も書いていますが、
創設者の渡辺大樹さん&シュボシシ・ロイさんの思いに、
私、とっても共感してしまって、
しかも、それを実行してるもんだから、心底、尊敬しています。

そのままにしておいたらそのままのことを、
変えようと思って動いたら、変わるんだなあ、って。
もちろん、並大抵の努力ではできないことです。

下は、
エクマットラの設立当初から写真を撮り続けている、
写真家の青木雄介さんの作品。

生意気で、いたずら好きで、他人思いで、頑張りやで、心優しい子どもたちが
わんさか出てくるよ!


[PR]
by shizuka_t | 2011-01-08 11:42 | バングラデシュ
祝!ついに発売!「地球の歩き方 バングラデシュ」
b0122370_1152454.jpg

地球の歩き方 バングラデシュ 2011~2012

めでたいー!!!
中日ドラゴンズが優勝したらしいけど、個人的には、こっちの方がめでたい!

ついに、「地球の歩き方 バングラデシュ」が発行されました。
イェーイ!

「地球の歩き方」って、「え、こんな国まで?」ってぐらい世界中の色んな国の版が出ているけど、今まで、バングラデシュ版が出ていなかったのです。
あのラオスですら、10年前ぐらいに出てたのに

今まで、旅行人のガイドブックは出てたんだけど(バングラデシュ (旅行人ウルトラガイド) )、
旅行人からは出てて、「地球の歩き方」は出ていない、という、この辺境感、伝わるでしょうか。

自分が住んでいて、そしてかなり愛着のある国の「地球の歩き方」が出ていない、
ということを想像してみてください。

どうよ、
悲しいでしょう。

もう、すんごく悲しかったの、今まで!

在バングラ日本人が集まると、
「どうして、「地球の歩き方 バングラ」がないんだろうね。」
という会話が何度も繰り返されていました。

でも、あるときから、
「「地球の歩き方 バングラ」、出るらしいね!」
という話題に変わり、

そして、
やっと発行!

めでたい!

やっと、「バングラデシュが普通の国」と、日本で認められたような気がします。

で、本屋で早速立ち読みしてきました。
(ごめんなさい。だって、私、必要ではない。。)

裏表紙からめくってみると、関わっている人欄に知っている人の名前がちらほら。
みんな、頑張ったんだなあ。

そして、中身も見ましたが、
すごく分かりやすくて、とても使えます。

でも、残念なことに、この「地球の歩き方」をパラパラめくったからといって、
「バングラデシュに行きたい!」とは、きっとならないだろうな。

ここに行きたい!と思うような写真が載っているわけでもなく、
これをもっと知りたい!と思うような情報が載っているわけでもなく。
ごめんなさい、生意気に。
バングラを愛してるからこそ、そんなことを思っちゃった。

もとからバングラに興味がある人向けなのだと思います。

なにはともあれ、
「地球の歩き方 バングラデシュ」発行、おめでとう!!
[PR]
by shizuka_t | 2010-10-03 01:29 | バングラデシュ
バングラ最後の思い出
明日、バングラ時代の友人Mちゃんがうちに泊まりに来ます。
酒池肉林飲み会「ダッカ飲み部」で一緒に活動したり、「喋らなければモテるはず」と一緒に合コンしたり、バングラ脱出してコ・タオで落ち合ってやっぱり一緒に飲んだり、と、お世話になりました。
日本での再会は、お初。嬉しいな。

で、なんとなく、バングラの思い出話。

今から5ヶ月前、
バングラデシュを出国する時に、空港で飛行機を待っている時のこと。

愛猫ニコちゃん入りのケージを持って、空港の隅っこのベンチに座って、
バングラ人の知り合いにベンガル語で電話をかけていました。

「今までありがとう」だの「また遊びに来るからよろしく」だの話して、
電話を終えると、近くにいたお掃除係のベンガル人おばさんが寄ってきた。

おばさん「あなた、ベンガル語話せるのね。」
私「はい。少し。」
おばさん「どうして話せるの?」
・・・

と、初対面のバングラ人と何度も繰り返してきた会話を最後の最後にすることになりました。
一通り、私がなぜバングラに滞在していたかを話して、
その後、おばさんの話を聞く。

私「あなたは、どこに住んでるんですか?」
おばさん「空港のそばよ。旦那と子どもと住んでるわ。子どもは学校に通ってるのよ。」
・・・

で、この流れだとやっぱり来るかな、と思ったら、案の定、

おばさん「給料が少なくてねえ。あなた、少しお金くれない?(エクトゥ バクシーシ デン!)」

この流れ、バングラ滞在の3年間で、何度繰り返したんだろう!
もうね、慣れっこになりました。
で、今回はどんな対応をするかなあ、と少し考えて、素直に思ったことを言ってみました。

私「おばさん、どうしてそんなこと言うんですか?あなたとここで話ができて私、すごく楽しかったんです。でも、お金(バクシーシ)だなんて言われて、とても悲しくなりました。」
おばさん「sorry・・・」

おばさん、下を向いて私のそばから離れました。

この時、思ったこと。
おばさんがお金(バクシーシ)を求めるのは、当然だなあ、と。
空港で働いていても、おばさんが飛行機に乗ることは一生ないはずで、そんなおばさんから見たら、飛行機に乗ろうとしてる自分の娘ぐらいの歳の外国人の女の子は、あきらかにお金持ちに見えるはず。

相互扶助の精神をもつイスラム教の影響だとか、外国からの援助だらけの国だから、とか、なんでも説明はつけれるけど、
お金持ちを見たら、お金もらえないかなー、と期待しちゃうのは、当然のこと。

バクシーシ絡みで、腹を立てることや、困惑したことがたくさんあったけど、3年の生活を経て、あっけらかん、と考えれるようになってました。

でも、
もちろん、全てのバングラデシュ人がそう、ってわけではなくて、
初対面バングラ人でも、友人の知り合いだったりすると、バクシーシを求められたことなんて一度もないし、なんだかんだ言ってご飯おごってもらったり、逆に親切にしてもらっちゃうことが多かった。

バングラデシュって、「貧困の国」って印象が第一だけど、貧しい人からお金持ちの人まで混ざってる、普通の国です。
日本もそうだし、行ったことなくてニュースで聞くだけの国も、世間でもたれてるイメージと実情は違ってることも多いのだろうな、結局人間が住んでる所はどこも一緒だろうな、と思った。

まあ、そんな思い出話です。

バングラデシュの皆さん、お元気ですか?
[PR]
by shizuka_t | 2010-08-21 01:45 | バングラデシュ
エクマットラ情報!
私がバングラデシュでお世話になっていたNGO、エクマットラの情報です。

1.エクマットラがテレビに出るよ!

「地球ドキュメント~ミッション」
BShi ①4月4日(日) 21:00~  ③4月7日(水)8:00~
BS2  ②4月5日(月) 23:00~  ④4月9日(金)15:00~

お知らせが遅くなってごめんなさい。BShiでは今日(4月4日)放送でした。
ですが、再放送もあるし、BS2だと、明日の放送です。
エクマットラ顧問の渡辺大樹さん、シェルターホームで暮らすエクマットラの子ども達などなどがテレビで見れますよー。
私の愛するバングラデシュ&エクマットラ、是非見てくださいマセ!


2.エクマットラ映画「アリ地獄のような街」がUPLINKで上映ですよ!

「アリ地獄のような街」
上映期間:4月10日~
上映時間:①10:30~ ②13:00~ ③17:10~ (劇場に要確認)
*4月23、24、25日にはエクマットラ顧問の渡辺大樹による舞台挨拶などが予定されています。
  4月23日(金)17:00-の会で舞台あいさつ(15分)
  4月24日(土)13:00の会で講演会(30分)
  4月25日(日)13:00の会で講演会(30分)
上映場所:UPLINK


うふふふ。
エクマットラ&渡辺大樹さんの活躍、個人的にすごく嬉しいです。
そして、エクマットラの子ども達に会いたい!

実は、私がバングラデシュを出る直前に、エクマットラのシェルターホームで暮らす子ども達が送別会を開いてくれました。
子ども達全員で、歌を何曲か歌ってくれたの。
そして、さらに・・・
ある子どもは、詩の朗読。
ある子どもは、ダンス。
ある子どもは、みんなで協力して人形劇。
ある子どもは、面白い話。(大爆笑だった!)
司会も、企画も、挨拶も、ぜーんぶ子ども達がやってくれました。すごい!
そして、「ピタゴラスイッチ」好きの私のために、自作ピタゴラスイッチまで作ってくれたの!スイッチが入ると、なんと、「シズカアパ アリガトウ」って書いた紙がするするとあがりました。そして、みんなで「ぴたごらすいっち~」と合唱!
その後は、お菓子をみんなで食べたり(バングラの習慣で、食べ物を相手の口に入れる、という愛情表現があるから、私も子ども達、スタッフ全員の口にお菓子を入れて回りました。)、写真を撮ったり、たくさん騒ぎました。
そして、手作りプレゼント色々もらっちゃった。(いつか、みんなに見せて自慢します。うふ。)

送別会では、嬉しすぎて幸せすぎて、全く悲しくならなかったけど、
バングラを離れた今思い出すと、胸がキュンとなります。
(送別会の様子、エクマットラの会報で取り上げてもらっちゃいました。写真で私の隣に写ってるのは、やんちゃな2人、ラジュとラジブ!→エクマットラ会報4月号

そうそう、シェルターホームで暮らす子ども達は、もともと路上にいて、物売りや物乞いなどをしていた過去を持つ子ども達もいます。
だけど、今はシェルターホームで共同生活をおくりながら学校に通い、勉強に励んでいて、そして、みんな優しい心を持っていて、目をキラキラさせて将来のために頑張っています。

私、子ども達にそんな環境を作っていて、バングラデシュに存在する貧困問題の解決に向けて活動しているエクマットラを心から応援しています。
テレビと映画、お時間ある方は、是非ご覧ください。
[PR]
by shizuka_t | 2010-04-04 22:01 | バングラデシュ
猫ベスト型ハーネス(手縫い)
b0122370_4385634.jpg


「ハーネスって何?」
「帰国直前に、何やってんの、あんた。」

などなど、周りの友人達から聞かれたので、写真を撮りました。
背中部分は、マジックテープで開閉式。+アジャスターも付いていて、サイズ調節&しっかり固定。

私の人生の手縫い手芸部門で最高作品です。
表は私の元エプロン。

型紙からおこして、仮縫いもして、合計6時間ぐらい費やしました。

猫のためにやったのに、猫からは迷惑がられています。
[PR]
by shizuka_t | 2010-03-19 04:43 | バングラデシュ
「シュイ シュタ デン」
昨日、自宅の荷物を全て船便に出して、
明々後日にはバングラデシュを出る身の私ですが、
今日は、ローカルマーケット(グルシャン2バジャール)へ行って、
「シュイ シュタ デン!(針と糸くださいな!)」
なんて言っていました。

でもって、帰国前の精神的に余裕の無い今日、
軽く6時間ぐらい、ずーっとお裁縫していました。

そんなにしてまで、何ができたかというと、

じゃーん、

猫のベスト型ハーネス!
(面倒だから写真なし)

うちのNICOちゃんを飛行機に乗せるにあたって、まー色々な懸念事項があり、逃亡防止にどうしてもハーネスが必要、という結論になったのです。

あー、疲れた。
でも、売れるぐらい立派な手縫いハーネスができちゃった。天才だ、私。(自己満足。)


話はさかのぼって、ローカルマーケットの手芸屋さん。

「シュイ シュタ デン!(針と糸くださいな!)」

と、お店のお兄ちゃんに話しかけてた時、
正直、昨日・今日、というか最近ずっと、バングラデシュ人との間で面白く無い事が続いていて、まーそれは私が日本人感覚に戻ってるのが原因であって、「バングラデシュ人が悪い」という訳では決して無いのだけど、とにかく、最高にイライラとしていたのです。

でも、その後、

お店のお兄ちゃん「針も糸もありますよ。糸は何色がいいですか?」
私「レッドカラー。」
お兄ちゃん「自分で見てください。」(←「レッドカラー」がたまたま通じなかった)
他の客「ラールロング!(赤色だよ!)」
お兄ちゃん「じゃあ、これ。」(赤色の糸を出してくれる)
私「あとね、英語で言うとマジックテープって言うんだけど、バッグの入り口とかに付いてて、閉じれるようになってるやつある?」(ほぼジェスチャー)
他の客「あるよ、あるよ。大丈夫。」

なんて、お店で一言いう毎に、お店のお兄ちゃんだけでなく、周りにいたお客さんまでもが私の買い物に協力してくれて、

「あー、これぞ、バングラ!素敵!」

と、一気にまたバングララブに戻りました。

ちなみに、
お会計の時、「全部でいくら?」と聞くと、「25タカですよ。」と返ってきて、「え、そんなにするの?」と言ったら、すぐに「20タカでいいよ。」となりました。(私が外国人だから、ちょっと高めに言ってみた様子。)

そんなところもバングラだなー。

いろいろあるけど、
「愛おしい国だな、バングラ。」
となった今日でした。
[PR]
by shizuka_t | 2010-03-17 22:55 | バングラデシュ
また買っちゃった。
「日本で新しい人生を始める!」

が、最近の口癖になっています。

身の回りの物を最小限に減らして、念願の「物をあまり持たない生活」を始めようと、思い切って色んなものを処分中、という訳です。

が、

服、アクセサリー、本なんかは何の未練もなく手放せるのだけど、全く減らなかったジャンルがあります。

それは、楽器!

これは、どれも手放せない!無理!

タブラ5個。バヤン2個。ハルモニウム1個。タンプーラ1個。カンジーラ2個。口琴1個。


でもって、今日も買っちゃった。。。

ドタラ1個。

ドタラってのは、バウルに使う弦楽器で、かなり遠いけど、ギターが小さく簡単になったようなやつです。大まかに分ければ、三味線の一種なんじゃないかな。ベンベン、って音がする。ピックで弾きます。

今日は、バングラデシュ滞在の3年間たびたび行ってたタブラ屋へタブラの本を買いに行ったのが運の尽きでした。
オレンジジュースやら、チャーやら飲みながら、店のおじちゃんとダラダラしゃべってたら、頭の上にドタラがたくさん吊るしてあるのが気になってきて、ついつい買っちゃったのです。

*いつもお世話になってるタブラ屋さん
(ダンモンディの南側にサイエンスラボラトリーという地域があって、楽器屋がたくさんあるのだけど、その中の一軒。大通りから奥に入る通路の右側、コピー屋の奥。)
Partha Music Center
1/C-5, Colledge Street, Dhanmondi Bhobon, Mirpur Road, Science Laboratory (Police Boxの南), Dhaka-1205, Bangladesh
tel: 01552-480612、01919-004411

おじちゃん、「日本へ行ったら、弦の替えもないだろう。」と言って、それぞれの予備の弦(計4本)も用意してくれました。感謝!

・・・しかし、弾けません。

↓おじちゃん、ジャワリ中。写真には写ってないけど、ドタラのてっぺんは木彫りの鳥さん。キュート!
b0122370_2245696.jpg

[PR]
by shizuka_t | 2010-03-14 22:08 | バングラデシュ
あと10日
バングラデシュ生活も、あと10日となりました。

最近は、引越し作業に忙殺される日々です。
というのは嘘で、
なんでだか、常に酔っ払っています。

なんでだろう。

休日のお昼に素敵な日本人男子女子達と車の中で酔っぱらい、
平日のお昼に美しい日本人マダム達とワインで酔っぱらい、
平日の夜には、素敵なタイ人男子にタイ語を教えてもらいながら酔っぱらい、

何してるんでしょうか、私。
これを書いている今現在も、近くで眠りこける猫を眺めつつ、酔っぱらっております。

本当に日本に帰れるんだろうか。
不安。

名古屋でのコンサートも、あと1ヵ月後に迫ってきました。
こんなんで、大丈夫だろうか、私。

そうそう、出演者、発表されましたよん。

***

「Kamala vol.3 春のインド古典音楽コンサート」

Sitar:森紗江子
Tabla:古本裕子、津坂静香、和田京子、小室武史
Vocal:原美保、Lily
Bansuri:三浦佳蓮、池ヶ谷亜木子
Harmonium:山田貴司

and Amit Roy

***

いや、もちろん、全身全力で頑張ります。


にしても、Mehdi Hassanが素敵すぎる。
目の前にイケメン男子とMehdi Hassanが並んでたら、躊躇なくMehdi Hassanを選んで、この「Zindagi Mein Tu Sabhi」を歌ってもらいます。
ヨダレ出そう。あぁ。

*追加
どなたか、「Zindagi Mein Tu Sabhi」の英語訳、日本語訳を参照できるWEBサイトや本を知りませんか?できれば、Mehdi Hassanのガザル全部、訳が知りたいです。ヒンディー語注釈が乗ってるWEBサイトはあるんですけどねえ。


[PR]
by shizuka_t | 2010-03-10 03:30 | バングラデシュ
バウル・コスプレ・PM・アイドル
今日、バウルを歌ってきました。

が、衣装は、バングラデシュのフォークダンスの格好(サリー)で、メイクもダンスのメイクで、はっきり言ってコスプレでした。

そして、一体何の催しが知らなかったのだけど、International Music Festival '10というやつで、パキスタン、アメリカ、ウクライナ、シンガポール、なんかの海外からもミュージシャン達が来ていました。

しかし、私のようにバングラ在住で外国人だから、ってことで呼ばれた韓国人、中国人、アフリカ人、など、色んな国の人も来ていました。

で、私、バウルを歌ってきました、と書きましたが、実は2日前にレコーディングをしたCDを流して、口パクでした。

そうそう、そして、このmusic fes.には、首相シェク・ハシナも来ていて、私、握手して自己紹介してきました。

アメリカ人歌手の女の子は、ミニスカでパツキンなもんだから、会場大盛り上がり。
バングラ人歌手は、普通に歌が上手なもんだから、会場大盛り上がり。
ナイジェリア人は、「オゥイェーオゥイェーカモン!」と客を煽りまくって、会場大盛り上がり。

一方、私は、バングラ人コスプレの日本人という中途半端な外見、かつ、歌は口パク、というどっからどう見ても盛り下がること必至な状態。

苦渋の策で、自分をバングラ人アイドルだと思いこんで、愛嬌ふりまくりの、はしゃぎまくりで(口パクで)歌ってみたら、観客のバングラ人男子達30人ぐらいがステージ近くまで迫って来て、すごい勢いで踊ってくれました。

総合して、めちゃめちゃ楽しかったです。
こんな主役をはれる日は、最初で最後かもしれません。

b0122370_2362220.jpg

[PR]
by shizuka_t | 2010-03-02 02:15 | バングラデシュ
バングラ生活あと一ヶ月
バングラデシュ生活があと一ヶ月になりました。
3月20日にビザも切れるので、バングラを出て、名古屋に引っ越します。
どれぐらいになるか分からないけど、
当分は、名古屋か名古屋周辺に住む予定です。

3年間のバングラ生活がもう終わる。

超哀しい。
すでに泣けてくる。

・・・とかは全くなくて、
バングラ生活があまりにも普通の日常になってしまったので、
ここを離れることに関して、あんまし特別な感情を抱いていない、
ってのが正直なところ。

外出するには、
まず、うちの前でリキシャを止めて、必要なら値段交渉して、
バス停かCNGのいる場所まで行く、とか、
苦痛でも楽しみでもなく、普通の事になってます。
バングラ生活全般、そんな感じ。

日本人の友人達とは、いつか日本で再会できるだろうし、
バングラ人の友人や、バングラ人家族と一緒にバングラに永住するだろう日本人の友人達とも、
たぶん私がすぐにバングラに遊びに来るから再会できちゃうはずで、
今生の別れ、ってことでもないし。

むしろ、友人達としばらくしてから再会できることが、今、すごく楽しみだったりします。
数ヶ月後か数年後かに再会したときに、みんな、どんな経験を積んで、素敵な女性、素敵な男性、になってるかなあ、とか考えると、すごくワクワクします。
一生付き合っていくつもりの友人達だから、少し別れたところで、また会うから、大丈夫。

そして、エクマットラのシェルターホームで暮らしている子ども達。
勉強するチャンスを得て、本当にみんな頑張っているから、どんな大人になるのかが楽しみ!
結婚して、自分の家庭を持って、子どもができて、それぞれが色んな道を進んでいくんだろうな。私も彼らに会うために、何度もバングラに来ないといけないわ。

ただ、タブラに関してだけ、先生のドラー氏に習いたいことが、まだ山のようにあります。
体調が悪くてレッスンをお休みしていたけど、今から焦って習います。
ドラー氏に出会ってから、私のタブラ、一気に変わりました。レッスンは、ものすごく厳しいけど、それも含め、本当に感謝。

あ、そうだ、タブラと言えば、来る4月11日にアミット・ロイ氏門下生の女の子達によるインド古典音楽コンサートが名古屋であるのですが、私、タブラの伴奏で参加させてもらいます。
詳細は、また後日。

下の写真は、可愛いエクマットラの子ども達、と私。

皆様、素敵な時間をありがとう。
って、まだ一ヶ月あるから、まだまだよろしくお願いします♪

b0122370_035497.jpg

[PR]
by shizuka_t | 2010-02-20 00:37 | バングラデシュ



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧