Top
カテゴリ:独り言( 68 )
日本で聴いた音楽
「趣味が音楽だと暇しない」(BY タブラーT君)

の一つとして、

ライブがあっちこっちであって、

それについつい行っちゃうもんだから、

暇しなーい!

というのがあります。


今回の日本滞在中、ライブで聴いた演奏者・バンドのメモ。


・シタール 井上憲司さん
・サントゥール 小室真理さん
・タブラ 逆瀬川健治さん
・タブラ 小室武史さん
ミツとフラワーアミーゴスセピア(シタール 吉田こうきさん  タブラ 倍音族のフミくん)
・Nature Stone
・ボンクラ峠(from turtle island
ボロン
モーニングセット
ピンガラ(バイオリン 金子ユキさん パカワジ カネコテツヤさん


あー、AMTとROVO聞き逃したー!、とか、灰野敬二が名古屋来る頃には私名古屋にいないじゃん!とか、欲を言えば尽きないのが、また音楽で、そして、聴いても聴いても、もっと聴きたいのが音楽!

音楽=快楽の渦!



ちなみに、「・・・音楽・・・暇しない」の一環として、また楽器を買っちゃいました。

どうも日本で流行ってるの?ってな、パチカ。

でも、家族にうるさがられそうなので、家でできません。

日本パチカ連盟
[PR]
by shizuka_t | 2008-07-30 11:43 | 独り言
暇に非ず
「毎日何してんの?」

とは、

バングラデシュにいるときも、

今、日本にいるときも、

いろーんな人から言われることですが、

それがねえ、けっこう色々あるのよ。


「趣味が音楽だと暇しないね!」

と、最近、タブラーのT君が言っていて、

もう、私的2008年度の名言入り、しているわけですが、

その通り。


日本には、どうもタブラの練習に帰ってきてるようです。


今日までの3週間で、シタールMさん、シタールKさん、サントゥールSさん、タブラJちゃん、タブラKさん(歌の伴奏ちょこっとね!)と一緒に練習させてもらいました。

みんなが忙しいことは良く知ってるから、私のために時間を割いてくれて、本当に感謝!

ありがとう、私の愛するみんな!(with ハグ&キス!・・・あ、いらないですね。そうですね。)


あー、練習は楽しいねえ。そして、1人じゃ気づけないことが気づけたり、教えてもらえたりするから、本当に嬉しいねえ。


今日は、練習の後に、居酒屋で念願のシシャモを食べました。
ダッカで、友川カズキの「シシャモ」を聞きながら、悔し涙に明け暮れてましたが、今は大満足!(あ、ダッカのみなさん、ごめん。。)


ダッカに帰っても、練習しなくっちゃ。

とっても前向きな一日でした。


終わり。
[PR]
by shizuka_t | 2008-07-28 22:59 | 独り言
誰か教えてください(アニメ・ヨーヨー)
直接電話やメールというわけでもなく、「教えて~」なんてここで書くのは非常に我が侭なことだと認識しておりますが、

誰か教えて~!


というのもね、もうそろそろバングラの知り合いへのお土産を買わなくっちゃいけないのだけど、そういえば一つ、ものすごい勢いで頼まれていたものがあってね。

それは、ヨーヨー。

バングラ男子11歳のBが、会う度に、

「S、いつ日本行くの?日本行ったら、ヨーヨー買ってきて。絶対ね。絶対だよ!」

と言っていて、

「もちろんだってば。約束するって。ノープロブレム。」

と返していたんだけど、どんなヨーヨーを買ってこればいいのか、すっかり忘れちゃった。ちゃんと、説明を受けたんだけど。。光るやつ、とか、音が出るやつ、とか、多少は種類があるよね。。


で、誰か、以下のヒントで思い当たるヨーヨーと、売っていそうな場所が分かったら、教えてください。謝礼は、私の熱いキッスです。(いらない?・・・はい。)

cartoon networkで、今放送中の日本製アニメ(もしかしたら実写?)に出てくるヨーヨーらしい。

・11歳の男の子が夢中になるようなもの。

・バングラデシュで流行りはじめてる(知り合いの子供もヨーヨー持ってた。けど、それは中国製。)、ってことは、きっとインドではすでに流行っている。


もし私がヨーヨーを買っていかなかったら、Bとは一生口を聞いてもらえません。
子供がいないと、こういう話題は、さっぱり分かんないよー。
ネットで検索しても、ヨーヨーマばっかし出てくるよ。
コレではない、ってことしか分かんないよ。
知ってる方、よろしくお願いします。
[PR]
by shizuka_t | 2008-07-26 09:48 | 独り言
気まぐれなもので
b0122370_15264694.jpg


イエーイ!日本楽しーい!酒持ってこーい!

な日々が、まだ続いています。

が、

昨日、ふと思い立って、3年前まで住んでいた場所を見に行ってきました。


でも、たったの3年だからね、

「わー、すっかり変わっちゃった」

ってなこともなく、昔のまんまでした。(ちなみに、場所は名古屋の本山です。)


だけど、当時よく行った店(ビレッジバンガード、バナナレコード、無印、モスバーガー、和民!生きていくのに十分なラインナップでしょ)を見てたら、なんだかホロリとしちゃったよ。
ここに私の青春があったのね、みたいな。
まー、青春って歳でもなかったけどね。

で、その気分のまま、マイ寺である桃厳寺へ。
ここは、本当に素晴らしいお寺でね、トゥンパ(チベット仏教式寺院)も、リンガ(ヒンドゥー教シバ神のシンボル)も、エロエロ御神体(拝観料を払って中へ入ると見れるヨ)なんかもあるんだよ。
で、さらに大仏様もいたりするの。
住んでた頃は、心の拠り所として通ったものでした。


あー、あのころに戻りたい。


というか、名古屋に戻りたい。。
[PR]
by shizuka_t | 2008-07-25 15:47 | 独り言
日本だーだーだー!
4日前に日本に帰りました。

日本、たーのーしーいっ!

「日本帰ったらやりたいな♪」ってことを、4日間でほとんどやっちゃってて、後は何が残ってるんだろ、ってな状態です。
あ、残ってるな。花火!夏祭り!おいしいデザート!・・・そして、忘れちゃいけないのが美容院!(バングラで切ったすごい頭のままなんだもん。。)

バングラデシュから日本に来る途中はシンガポールに1日いたんだけど、シjンガも楽しくってね。友人達と再会して積もった話に花が咲き、しかも知り合いのミュージシャンのジャズライブまで見れちゃって、幸せ幸せ。

日本帰ってきてからは、(以下、バングラ在住の人は読まないように)

念願のタコワサを食べ、カラオケを熱唱し、焼酎お湯割りで焼き鳥つまみつつ泥酔し、おばあちゃんちの畑を耕し、友人達とひたすら話し、そして、インド古典音楽のコンサート鑑賞!
「そうそうコンサート聞きに行くのって、すごく楽しいんだよね」、と一気に日本気分に戻りました。(バングラよりも、日本のコンサートの方が楽しいです。ま、理由はそのうち。)
とにかく、大好きな人たちと一緒に音楽を聴いて楽しんで、演奏後に「楽しかったねー!」と言葉を交わせるのって、本当に幸せだー!
CD聴いてても楽しいけどね、やっぱり目の前で演奏者が演奏するのを聞くのは格段に面白いです。

ちなみに、昨日聴いたコンサートは、小室真理さん(サントゥール)井上憲次さん(シタール)逆瀬川健治さん(タブラ)の演奏でした。
3人ともすごく素敵な演奏者です。機会があったら、是非是非聴きに行ってください。
(逆瀬川さんは駄洒落の神様でもあります。昨日も駄洒落が聞けて満足!)

今日からは、家族旅行へ行ってきます。

温泉だよ、全員集合!!
[PR]
by shizuka_t | 2008-07-10 10:54 | 独り言
フリーチベット
b0122370_15552212.jpg


私がおニューのサリーを買ってウキウキしている間にチベット問題が解決してた!ってこともなく、事態はいまだ深刻のようです。

権力を持っている人(中国政府)の利害のために、少数派の人(チベット人)が迫害される、という図は、本当に嫌ね。
いや、「嫌ね」なんてノンキに言ってる場合じゃあないね。
人の命がかかってるのだから、これは緊急事態です。


ばなな猫の「がんがれ!チベット!」より転載。ちなみに、上の画像も転載しました。


*****


チベットで逮捕された人々

日本にいるみなさんは、
「逮捕されて拷問」
と聞いてもぴんとこないかもしれないですね。

チベット内の刑務所、労働キャンプが
一体どんなものなのか、
日本の刑務所や欧米の刑務所のイメージしか
湧かないかもしれません。

チベットの刑務所、寒いです。
食事もきちんと与えられません。
トイレがない場合もあります。
服をはがされるケースもあります。

亡命して、ダラムサラにいるお坊さんは、
「あまりの空腹に服の縫い目にたまっていたホコリを食べた」
と話してくれました。
(今は笑顔ですが、その時の気持ちを思うと、もう)

今回逮捕されているチベット人が、
現在、また今後、どういう目に遭うかは、
以下を読んでいただければ分かります。

しつこいようですが、
チベットの現状、ぜひ知ってください。
お願いします。


●元「良心の囚人」(中国的には政治犯)の
元僧侶、ガンデン・タシさんの
「私の声を聞いてください」

http://homepage3.nifty.com/lung-ta/spt/spt2000/ganden_tashi.htm

彼が日本で講演ツアーした時に、UPした日本語の証言があります。
1988年にプロテストに参加して、
そして逮捕され、拷問を受け、
命からがらダラムサラに逃れてきた経過が語られています。


●古いニュースですが↓
抗議行動によるダプチ刑務所での死
http://www.tibet.to/tnd/tnd41.html#2

●ガワン・サンドルの本
「囚われのチベットの少女」
レビュー、ここで読めます>
http://simakuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_d449.html

●参考>チベット証言集
http://www.lung-ta.org/testimony/ngawang_wangdon.html


*******************************************************
【緊急行動】チベット人僧侶に拷問と虐待の恐れ
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=458

【緊急行動】チベット人の人権と権利の尊重を!
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1533

【緊急行動】日本のネパール大使への抗議文
「ネパール警察によるチベット難民への暴力をやめてください!」
http://banana-cat-cafe.blog.so-net.ne.jp/2008-03-24-3


*****
[PR]
by shizuka_t | 2008-04-10 16:07 | 独り言
Free Tibet
b0122370_120557.jpg


チベット人に自由を
中国人に真実を
チベットと中国に平和を

人々がお互いを尊敬できるようになりますように。

「ダライ・ラマの平和的呼びかけを支持する」と表明した30人の中国知識分子を支持します。
(全文は産経新聞の福島さんのブログ参照)
[PR]
by shizuka_t | 2008-03-27 12:11 | 独り言
チベット動乱
中国のチベット地区での動乱が、早く解決しますように。
AFP(フランス通信)によると、中国ではメディア規制を行っていて動乱の情報を操作しているけど、今回のチベット動乱の正確な情報はインターネットによって世界中に伝えられている、とのこと。
情報の共有が解決に繋がると思います。


長田幸康さんのブログ「チベット式」
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2008/03/2008_dafb.html

産經新聞の福島記者のブログ
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/513692/

チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)
http://www.geocities.jp/t_s_n_j/index.html

動乱が起きたときにラサにいたベルギー人旅行者のブログ(英語、写真有り)
http://steve.ulrike.stivi.be/english/list.php?LijstNr=2&Item=55

Tibetan Centre for Human Rights and Democracy(英語)
http://www.tchrd.org/press/

BBC
(ニュース&「チベットにいる人、もしくはチベットにいる人を知ってる人は情報をください」と呼びかけている)(英語)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7299597.stm
[PR]
by shizuka_t | 2008-03-17 12:17 | 独り言



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧