Top
<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
バングラデシュ国内旅行
ローカルバスで、日帰り旅行へ行ってきました。といっても、ほんとに近場。ダッカからガンジス河を見に行ったの。


バングラデシュって「地球の歩き方」が出てません。日本語のガイドブックは旅行人から出てるの一冊だけ。Lonly Planetも出てるけど、旅行人のガイドブックとさほど変わらない。そして、ここでは旅行者には、めったに出会いません。空港と、ビザ申請で行ったインド大使館以外で外国人旅行者に会った事がないよ。知人でも、必要があって(ビーマンが東京からコルカタに飛んでた頃に乗り継いだとか)バングラに来た、って人は何人かいるけど、旅行で来た、って人は知りません・・・

でも、ある種の旅行が好きな人には、バングラ旅行はとっても楽しいと思った!

ある種ってのは、1.観光地が嫌、2.外国人慣れしてる現地人が嫌、3.自力で旅行することに達成感を感じる、4.現地人との触れ合いが大好き、5.ちょっとハラハラするのが好き、ってとこでしょうか。まあ、つまり、観光地化されてなくて、外国人は珍しがられて、ガイドブックの情報も限度があるしバスの行き先なんかは全てベンガル語で書いてあるから移動するのが大変で、好奇心旺盛な人々からどこいってもジロジロ見られて話しかけられて、交通ルールをはじめとする常識が存在しないから時々怖い思いをする、って国です、ここ。

私自身、10年前ぐらいはそんな旅行も好きだったけど、今は適度に観光地化されてて、好きな服着て(露出OK)、昼間からビール飲めるとこの方が良くなってきちゃったよ。タイのビーチとかがいいなあ。あー、コ・ピピ行きてえ。どうせ軟弱物です、わたくし。

でも、この日帰り旅行楽しかったよ。旅行人ガイドブックに載ってたバス発着場が変更になってるってCNGの運転手に教えてもらってそっちへ行って、しかも目的地MAWA行きのバスも見つけてもらって、そのバスで1時間半、全体の3分の2にヒビの入ったフロントガラス越しに、対向車線に入って追い越しを繰り返すカーレースのような風景を見て(片側1車線ずつ、脇は田んぼ。こっち側も対向車もガンガン追い越すから、猛スピードで走る対向車がすぐ目の前、ってのが何度も。)、渋滞でバスが止まったと思ったら「5分歩けば着く」ってバスから下ろされて、結局15分ぐらい歩いて、お昼に入った小さな食堂では食べ始めから終わりまで5人のバングラ人に観察されて、対岸へ行くのに乗った船でも、常に監視の目が光っていて至近距離で凝視されて、さすがに女の子の私に声を掛ける人はいなかったけど、Yちゃんは同じ質問に何度も答えてて、対岸から帰りに乗ったスピードボートは他の船とすれ違うたびに波でボートがジャンプして「ひいいいっ」って声が何度も出そうになって、またバスに乗ってダッカに戻る頃にはぐったり、ってな素敵な旅行でした。

そして、ガンジス河イルカが見れたんだよ。人生初めてです。感動してしまった。

もしダッカからガンジス河を見に行こう、なんて人がいたら、ジャットラバリ(サエダバット)からMAWA行きのバスに乗ってください。バスのフロントガラスに行き先が書いてあるけど、ベンガル語です。片道35タカ。1時間半。ガンジス河を渡る大きな船は片道10タカ、1時間半。スピードボートは100タカ、20分。

バングラ良いとこ、旅行に来てちょ。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-23 12:45 | バングラデシュ
ベンガル語
1ヶ月前から、ベンガル人の先生にうちに来てもらって、週1でベンガル語を習い始めました。

本当は、習うつもりはなかったんだけどね。もう仕方ないの。ダッカに来た当初、「周りはベンガル人だらけだし、そのうち覚えるでしょ」なんて思ってたのが、甘かったの!

半年たつのに、語彙が全く増えないのです。話せるのは、2年前にコルカタで日本人の友人に教えてもらったサバイバルベンガル語のみ(買い物とリキシャ用)。

そうそう、コルカタの日本人の友人達(タブラを習ってたり、シタール習ってたり)がみんなベンガル語話せるから、「私だって、そのうち・・・」と思ってたのだけど、みんな実は努力してたのね。。教えてくれよ。テスト前に友達が「勉強してなーい」って言ってるのを真に受けちゃった、みたいになってたじゃん!

で、ベンガル語のレッスンですが、とっても楽しい。そーいうことだったのね、ってのがたくさん。だけど、いざ使ってみると、なぜか通じないんだな。こないだのタブラレッスンで、グルバイの叩く音が大きいから「私はあなたの手が欲しい(apnar haat chai)」って言ってみたんだけど、見事に通じない。でも、普段私の適当ベンガル語を聞きなれてるグルジが偽ベンガル語から真ベンガル語に訳して伝えてくれました。うーん、いつ話せるようになるんだろう。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-18 12:47 | バングラデシュ
ダンスダンスダンス(ベンガル人結婚式2)
隣のテーブルに座ってる女性は普通のベンガル人に見えず、「あの人ベンガル人じゃないよね?」とグルジの奥さんに聞いたら、笑いをこらえた顔で「後で車の中で話すわよ」と言われたのでした。


*****


ダッカから1時間ほど、Parween Sultanaのtumuriにのって車はナラヤンガンジに到着。会場に着くと、パーティーの特別ゲストであるグルジは生徒たちから(生徒の1人の結婚式だったから、生徒がたくさん集まってたの)フラワーシャワーを受けたり、プロナム(足に触って敬意を表す行為)されたり、すごい歓迎の嵐。

席に案内されてからは、バンドが生演奏を始めたんだけど、花嫁の入場で場は一気に華やかな気分に。もう、美しいのなんの。きらびやかなサリーにたくさんのアクセサリー、手はメヘンディーがぎっしり。でも、ちょっと緊張してて顔がこわばってるところがまた可愛い。そして、次は花婿の入場。そしたら、太鼓がドカドカ鳴りだして、周りのみんなが踊りだした!私もグルバイに誘われて無理やりみんなの輪に入れられて踊らされちゃった。いや、正直に言うと、嫌がってみせてたけど、実はノリノリでした。まー、それはいいとして。

その後、ダッカへ戻らなくちゃいけない私達だけ別室でご飯を頂くことに。その時、ふと気づくと、隣のテーブルに例の女性がいたのです。あきらかに他のバングラデシュの女性達とは顔もお化粧も着ている服も違う。顔が白いから欧米人?と思ったけど、周りの人と普通にベンガル語で話してるみたいだから、それも違うのかな?とか考えていたら、また元の席に戻るように言われて、みんなで移動。

すると、ステージに例の女性が現れた。そして、踊りだした!

「あの女性は女じゃないよ。でも、男でもない。どっちでもないんだよ。」と隣のJが説明してくれたんだけど、そう、例の女性はヒジュラだったのです。ヒジュラって、日本語だと「オカマ」って訳すのかもしれないけど、ヒンドゥー教の文化と照らし合わせると、単純に「オカマ」とは呼べない。性別のない特別な存在として見られてて、まあ要は「縁起物」みたいなもんだから、結婚式で踊ったりするわけです。

ヒジュラの踊りはあんまし上手じゃなかったけど、周りはすごく盛り上がってた。動きは映画のダンスのようにセクシーなんだけど、彼女は女じゃないから老若男女、なんの後ろめたさも感じずに手を叩いて楽しめるのね。そういう意味でも、ヒジュラが結婚式で踊るってのは理屈にかなってるんだなー、なんて思いました。

そして、帰りの車の中、「Sはヒジュラをバングラデシュ人じゃない、なんて言ったのよ!」とみんなにさんざん笑われて、気づいた頃にはダッカに到着。バングラデシュで初めての結婚式は、ゴスロリメイク体験とバングラ人ヒジュラとの遭遇でした。ちなみに、今回はヒンドゥー教徒の結婚式だったんだけど、イスラム教徒の結婚式にはヒジュラは来ないんだってさ。次はムスリム結婚式に行きたいです。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-11 02:28 | バングラデシュ
おめかしって大変ね(ベンガル人結婚式)
うちに帰って玄関を開けると、飼い猫が私の顔を見て逃げました。


***


「今日結婚式があるけど、一緒に行く?」とグルジから聞かれたのが午前中のタブラレッスン中で、その5時間後にはサリーを持ってグルジの家にもう一度お邪魔してました。そんで、グルジのお姉さん(私にサリーを着せるために応援に来たっぽい)にサリーを着せてもらったんだけど、いろいろと問題発生。

「アクセサリーは持ってきたの?」「いや、つけてるものが全部です。」そう、サリーに合わせるアクセサリーは自宅からつけてきてたのよ。大きなシルバーの耳飾に、小豆色の石とシルバーのネックレス、そして、シルバーの腕輪。サリーはピンクだけど、シルバーで全部揃えてたらいいんでないの?って思ってたら・・・。「サリーとマッチしてないわね。」とあっさり言われて、急遽グルジの奥さんから、ピンクのネックレスと10連ぐらいのピンクの腕輪を借りる事に。

そして次は、「ビンディーは持ってきてるの?」「はいっ!」。そう、額にぺたっと貼るビンディーは大好きだから色とりどり、色んな種類を持ってきてたの。これは文句なしでしょっ!と思ったのもつかの間・・・

「お化粧は、もうすんでるの?」

「はい、すんでます!」

「?」

今日はばっちりメイクしたの。・・・でも、全くダメだったみたい。眉も唇も目も、全てつけたし。特に目は、アイライナーでグリグリ描いてく。ん?描いてる?いや、塗ってるって気が。。

「はい、できあがり」と言われて見た鏡の中には、全く知らない人が写ってました。目には5ミリ幅でクマのような縁取りのある人が。

「ビューティフル」だの「ゴージャス」だのとみんなには言われたのだけど、うーん、複雑だ、これ。こういうお化粧の人を見たことあるけど、これって、アリなのだろうか。普段から、「日本人風ベンガル人ファッション」よりも「こてこてベンガル人ファッション」を実践しようと努力をしてるんだけど(ときどき見る外国人の自己流インドファッションって苦手なの。パンジャビの下に7部丈ズボンとかさ。なしでしょ。)、このアイメイクだけは馴染めそうもない。。それと、濃い色の口紅も、派手なアクセサリーも。。


うちの猫は、帰ってきた私を見て、誰だか判別できなかったようでした。うーん。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-10 02:39 | バングラデシュ
廣光 恵 カタックダンス
カタックダンサー廣光 恵(ひろみつ めぐみ)さんの公演です。

http://homepage3.nifty.com/megumikathak/coming_performances.html


ASHIRBAD
Megumi Hiromitsu 廣光恵
Coming Performances 公演情報


@横浜 Yokohama, Japan
2008年3月9日(日)シルクロード舞踏館
「舞とリズムと旋律の宴 ~インド古典音楽とカタック舞踊 コンサート~」 details
Tabla:Sri.Susanta (Malay) Banerjee
Ghatam:久野 隆昭 Takaaki Kuno
Sitar:国分 明子 Akiko Kokubu
Bansuri:寺原 太郎 Taro Terahara
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


@愛知県岡崎市(夏山町) Okazaki, Aichi, Japan 名古屋を拠点に活躍している吉田こうきさんとのツアー
  2008年3月14日(金)松樹寺
  「インド悠久の音色と舞」
Tabla:Sri.Susanta Banerjee
Sitar:吉田 こうき Koki Yoshida
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


@愛知県名古屋市 Nagoya, Japan
2008年3月15日(土)スペースジー
「インド悠久の音色と舞」
Tabla:Sri.Susanta Banerjee
Sitar:吉田 こうき Koki Yoshida
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


@愛知県岡崎市 材木町 Okazaki, Aichi, Japan
2008年3月16日(日)あちゃら
「インド悠久の音色と舞」
Tabla:Sri.Susanta Banerjee
Sitar:吉田 こうき Koki Yoshida
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


@福井県越前市 Echizenshi, Fukui, Japan
2008年3月20日(木)越前市今立芸術館 ホワイエ
「春の夜のインディア」
Tabla:Sri.Susanta (Malay) Banerjee
Ghatam:久野 隆昭 Takaaki Kuno
Sitar:国分 明子 Akiko Kokubu
Bansuri:寺原 太郎 Taro Terahara
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


***

リンク

カタックダンサー  廣光 恵

ガタム奏者  久野 隆昭

バンスリ奏者  寺原 太郎

シタール奏者  吉田 こうき

***


カタックダンサーの恵さんは、コルカタに数年間滞在してカタックを習い、そしてインド国内でも舞台に立ってカタックを踊っている方です。カタックに対しての姿勢はとても真剣で、カタックの為にタブラとヴォーカルも習われてます。インドの舞踊をインド人の前で踊って、ちゃんと評価されている、ってのは本当にすごい!

個人的には、勝手に「カタックの姉さん」と心の中で呼んで慕っています。年齢はあんまし変わりませんが。。(ドーバーのチケット、コルカタの素敵なお店でのランチ、筋肉話、ありがとうございました!)

素敵なカタックと、豪華な演奏者による伴奏。そりゃあいいでしょう。日本の皆様、楽しんでね。いいな、観に行きたい。。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-05 19:42 | お知らせ
Shaukat KhanとVilayat Khan
私のタブラの先生は、言ってしまえばバングラデシュ人の中の「インド古典音楽オタク」のような人で、まあそれはインド古典音楽が大好きだからで、しかもそれだけじゃなくてタブラもとっても上手だから(タブラプレイヤーだから当たり前ね)、「オタク」というのは違うのかもしれないけど、インド古典音楽の話をしだすとイキイキしてるから、敬意をこめて「オタク」と呼びます。

で、昨日のレッスン。話は私のドーバーレーン報告から始まって、「Sabir Khanのデレデレはヤバイよね」だとか「Partho Saratiは2・3年前にダッカに来たよ」とかの話をしてたんだけど、途中レッスンをはさみ(そう、タブラレッスンだからね)、その後お茶を飲みながら話は、先生のグルジのことになったのでした。


***

グルジShaukat Khanは、シタール奏者Vilayat Khanと演奏したことが何度もあった。でも、2人の間に何か問題がおきて、一緒に演奏することはある時期からなくなった。でもその後、グルジの息子のタブラ奏者Aslaam KhanがVilayat Khanの伴奏者としてツアーなどに同行するようになった。ただし、父Shaukatは息子Aslaamに1つのことを忠告していた。「このutan(タブラのコンポジションの1つ)は、とっても複雑で綺麗な形をしている。しかし、このutanだけは、Vilayatの前で叩いてはいけない」。そして、息子Aslaamは父の言葉を守り、そのutanだけは叩かないようにしていた。ところがある時、どうしてかそれを忘れてしまい、Vilayatの前で叩くなと言われていたutanを叩いてしまった。すると、Vilayatは「今のは何だ?もう一度叩いてくれ」と言い、Aslaamはもう一度叩いた。結局、AslaamはVilayatに頼まれて、3回そのutanを叩いた。すると、Vilayatは、こう言った「明日のコンサートで、同じフレーズをシタールで弾くよ」。

***


ははは。私、この手の話が大好きです。インド古典音楽に関わる偉人の話。この話は、解説してしまえば、「ShaukatはVilayatの才能を十分に分かってた。だから自分のお気に入りのutanをVilayatの前で披露すれば、彼はそのリズムを理解してしまうことも分かってた。だけど、Vilayatにはそのutanを渡したくなかったから、息子Aslaamに叩くな、と言ってた。けど、最終的にはShaukatが恐れてた通り、Vilayatはそのリズムをすぐに理解して自分のものにしてしまった」ってこと。

この他、ShaukatjiとShahid Parvezの話、Shaukatjiがsare panch(5.5)のターラでteentaal(16)のカイダを叩いた話、などなど、昨日は話が盛り上がったのでした。

「インド古典音楽偉人伝」みたいな本、ないのかしらね。真偽のほどはおいといて、絶対に面白いはず。
[PR]
by shizuka_t | 2008-02-03 02:41 | インド古典音楽



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧