Top
<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
1月15日インド古典音楽コンサート@Dhaka
b0122370_2302528.jpg


バングラデシュのダッカにて、インド古典音楽コンサートを主催します。

2010年1月15日です。金曜日です。

日本で活躍しているシタール奏者の吉田こうき氏に、演奏してもらいます。
現在、こうきさん、インド舞踊・音楽ユニット「ターラ」タイツアー中です。タイまで来て、その後インド、ということを聞いたので、「じゃあダッカへも来てください!」と猛烈アタックして、来バが実現しました!嬉しい!

そして、タブラ伴奏は、こないだもインドで演奏してきて、今乗りに乗っているバングラデシュ人タブラ奏者ドラー氏。バングラの冬はインドと同じでコンサートシーズンなのだけど、ドラー氏は人気タブラ奏者なので、ほぼ毎日のようにダッカ内のどこかで演奏しています。タブラが上手なのはもちろん、驚くほどのタブラおたくで、タブラの話になると止まらない!タブラを叩いても止まらない!バ!

そして、私もタブラソロ、叩かせてもらいます。
人前で叩くの、久しぶりです。。1年ぶりぐらいだ。。

そうそう、コンサートを主催したかった理由は、自分が叩きたい、ってのももちろんありますが、バングラデシュに住ませてもらって、常になんやかんやと楽しませてもらっているので、何かで日本とバングラデシュの橋渡しがしたかったの。
インド古典音楽なら、日本人もバングラデシュ人も一緒に楽しめるから、私ができることでこれ以上のものはない!と思ったりするわけです。
私の愛するインド古典音楽を日本人や他の国の友人達にも、バングラデシュ人の友人達にも、聞いてもらえる、そして、その音楽を演奏するのが日本とバングラデシュのトッププレイヤー達!(←私除く。)
このコンサートを主催できて、本当に幸せです。
わざわざダッカに来てくれる吉田こうき氏と、会場のことから演奏のことまで全て相談に乗ってくれて、演奏も快く引き受けてくれたドラー氏に心から感謝です。2人とも、私の大好きな演奏者です。

ダッカにお住まいの皆さん、国籍問わず、お友達誘って、遊びに来てくださいね。
楽しい夜になりますよ。

***

「インド古典音楽コンサート」
●日時:2010年1月15日(金) 18:30開場 19:00開演
●場所:音楽学校チャヤノート 小オーディトリアム(3階)
   Chhayanaut
   Road 15A, House 72, Dhanmondi R/A Dhaka - 1209
   (バリダラ方面からの場合、ダンモンディのRoad27(old)を進み、
   突き当たりのSatmasjid Roadを左折すると、左手にあります。
   赤いレンガ作りの建物で、側面にベンガル語で’chhayanaut’と書いてあります。
   ションコール(Shangkar) バススタンドの手前です。)
●演奏者:吉田こうき-シタール
      Iftekhar Prodhan Dollar-タブラ
       津坂静香-タブラ
●料金:無料

【演奏者プロフィール】
◆吉田こうき(シタール)
'93年よりバラナシにてP.M.Chatterjeeにシタールを学ぶ。'97年よりマイハール流派屈指の継承者アミット・ロイに師事、研鑽を積む。コルカタで行われた日印交流式典の出演や、愛・地球博、みなとみらいなど日本各地のイベント・文化施設での公演は年間100本近くに上る。'07年、巨匠オビジット・ベナルジー氏と共演をも果たす。スピード&パワーを持ち味に他ジャンルとのセッション、レコーディングにも多数参加している。
web site [ koki info. ] : http://homepage2.nifty.com/gyan/

◆Iftekhar Prodhan Dollar(タブラ)
7歳より、父親からタブラを習い始める。1961年より続く由緒ある音楽学校チャヤノートにて、タブラ奏者として指導、演奏を行っている。インド古典音楽を始め、タゴールソング、ノズルルソング、フォークソングなど、様々なジャンルの音楽の伴奏をこなし、その抜きん出た技術力・表現力により、音楽家達から高く評価されている。また、現在も、インド・コルカタ在住の著名なタブラ奏者パンディット・サンジャイ・ムケルジー氏のもとで学び、インド屈指のタブラ流派フォルカバードガラナの伝統を師より受け継いでいる。

◆津坂静香(タブラ)
2000年にインドでタブラと出会ったのをきっかけに、タブラを習い始める。その後、インド、日本、シンガポール、バングラデシュにて、さらなる鍛錬を積む。現在は、タブラ奏者ドラー氏よりタブラの指導を受けている。
[PR]
by shizuka_t | 2009-12-31 03:14 | お知らせ
苦手
自他共に認めるバングラデシュ好きですが、最近、心底、頭をかかえてギャー!と叫びたいほど、苦手なことがあります。

とある日、午前中に日本人マダム宅でアップルパイを食べて、お昼に日本人奥様&バングラ人旦那様宅でベンガル料理を食べて、夕方にバングラ人マダム宅でミスティーを食べる、という幸せな1日だったのだけど、その帰りのCNG(オートリキシャ)でのこと。

CNGってね、最近は座る席の両側に柵ができたけど、まー柵というか網というか、扉っぽいけどガラスとかがあるわけでもなく、ほぼオープンなので、信号や渋滞での停車中はCNGの外からじゃんじゃん物乞いや物売りが寄ってきます。

この日に寄ってきた人々。

1.お皿を磨くスポンジ売りの子ども
→「チャクマー!ヤー!」とCNGのすぐ外で踊ってからかってきた(チャクマ=日本人に似てるバングラの少数民族。)。余裕があったら、「やーい、ベンガル人!」と返すけど、この日は面倒だったから、完全に無視。飽きて、子ども達離れていく。

2.英語の本売り
→10冊ぐらい重ねて、売りに来る。英語の本、音楽関係以外は読む気がない(読めない。。)から、無視。英語の本売りは、たいていしつこくない。すぐに諦めてくれる。こいつは英語駄目っぽい、とバレちゃうのね、きっと。

3.ポップコーン売り
→ビニール袋に入ったポップコーンを売りに来る。時々買うけど、この日はお腹一杯だったから、無視。そうそう、こういう路上の物売り、少しでも視線を送ったり、興味あるところを見せると、すごく頑張って売ろうとしてくれるので、買う気のないときは、お互いのためを思って、私は無視、というか視線をあわせず頭を振って拒否しちゃう。そうすれば、物売りたちも、次のお客さんのとこ行けるし。私も、面倒じゃないし。

4.花売り
これは、時々、すごく買いたくなる!バラの花とか、よくわからない季節の花だとかを売りに来るの。バングラって、綺麗な花たくさんあるんだよー。でも、花って全く値段の見当がつかないから、欲しくても、ほとんど買わない。いや、すごくボラれそうだから買う勇気がない、ってのが本音。この、意気地なしが。

5.風船売り

これ!

これなの。

この風船売りが、今、最大の恐怖です。

最近流行っているらしい風船は、いくつかの風船を組み合わせて、お花みたいにしてあります。茎みたいな細長い風船の上にお花みたいにいくつか小さい風船がつけてある。

いや、いいよ。ピンクの風船だったりして、見た目は可愛い。

しかし、売り方に問題がある。

風船売り、なんでだか、風船を手でこすって、キュッキュッと音を立てながら歩いているの。

この音!

ガラスや黒板に爪をたてたときのキーッって音は全く平気なのだけど、この風船のキュッってやつが、ほんと、奥歯が浮いて、動機が激しくなり、鼻の奥の軟骨が溶け出しそう、ってぐらい、生理的にだめ。

ところが、風船売りは、なんでだか、同じ場所に5・6人出現したりするもんだから、あっちでキュッキュッ、こっちでキュッキュッ。
あれ、風船売りがいなくなったのに、まだ近くから音がする!と思ったら、隣に停まっていたタクシーの中で、風船を買った子どもがキュッキュッ。

ギャー!やめてー!!

もう、恐怖で、ぐったりと、信号が変わってCNGが走り出すのを祈るだけです。

こんなのに比べたら、路上で通りすがりの男性から耳元で「チャクマ」やら「チャイナ」やら囁かれるのなんて、何でもない!物乞いの子どもに「僕、こないだもお姉ちゃんに会ったよ。覚えてる?こないだ、今度は2タカくれるって言ってたじゃん。今ちょうだいよ。」と人まちがいなんだか、ただのゆすりなんだか良く分からない物乞いされるのも、全く問題ない!


バングラ生活。多難。いや、一つのでっかい難。
やっぱりバス移動にします。
[PR]
by shizuka_t | 2009-12-22 13:01 | バングラデシュ
眠れない
現在夜中の3時半。なんだか意味もなく眠れなくて、いっそのこと起きることにしました。が、やることないなあ。

そんな今日、何回目かの誕生日です、私。
昨晩は、ダッカで仲良しの女子達+初めてお会いする女子達と韓国レストランで忘年会をしたのだけど、サプライズケーキでお祝いしてもらいました。
正直、感激しちゃったよ。もっとオシャレして行けば良かったよ。
可愛い女子達、みんな、ありがとう♪

なんだか、去年の誕生日から今日までの1年、私は何をしていたのかしら?と今考えてましたが、・・・何もしていない気がする。
えええ、本当に何もしていない!
でも、なんでだか充実していた気もします。
タブラは「今はひたすら練習の時」と割り切って、かなり頑張ったから、今までで一番練習した1年。
NGOエクマットラに、多いときは週3回ぐらい毎週毎週行って、スタッフ達とも子ども達ともたくさん話して、たくさん笑ってた1年。
ベンガル語は、自分では上達したように思わないけど、とりあえず意思疎通で困ることがなくなった1年。
バングラデシュの日本人の友人達とも付き合いが長くなってきて、くだらない話でいっつも盛り上がってた1年。
バングラ人の友人と本気で口喧嘩して、その後、しばらくたってから仲直りできて、なんだかやっとバングラ人と自然に付き合えるようになった、と思えた1年。

これ、という成果はないけど、なんだか幸せじゃーん、楽しんでるじゃーん、って1年でした。
人生、こんな感じの積み重ねかしらね。歳をとるって、素敵です。
みんなに感謝!

そういえば、昨日、バングラのローカル美容院へ行って、手にメヘンディを入れてきました。
思いっきり濃い赤色の幾何学模様がぐにょぐにょしてて、指先がアフリカかどこかの民族みたいになってます。
私から私への誕生日プレゼントでした。うふふ。
今日から1年、また頑張ります。
[PR]
by shizuka_t | 2009-12-15 06:31 | 独り言
本「SOLO TABLA DRUMMING OF NORTH INDIA」
b0122370_1384549.jpg

アマゾンのページ

日本のオンラインアジア雑貨屋さんティラキタのページ

先日ネパールへ行ったときに、ゲットしてきました。
Robert S. Gottlieb著 「SOLO TABLA DRUMMING OF NORTH INDIA」

これ、ずっと探していたのです。
日本で活躍しているタブラ奏者の友人知人達から、「タブラを叩くなら、これは読んでおいたほうがいい」と薦められていたのでした。

今年2月にインドへ行ったとき、ヴァラナシでもコルカタでも、本屋を探しまくったのだけど、発見できず。。。
ヴァラナシの本屋では、インド人店長さんに、この本を探している、と伝えると、「この本はいいよ。お勧めだよー。取り寄せしてあげようか。」と言ってもらえたのだけど、滞在日数が足りずに、断念。
もちろん、バングラデシュは首都ダッカでも、ニューマーケット、ニルケットの本屋、複数のタブラ屋なんかでも探していたのだけど、全く見つからず。(バングラで英語の本、しかもインド製を探すのは至難の業です。お隣の国なのに、あまり流通していない。)

こういう類の、インド音楽についての英語の本ってのは、インド音楽好きの外国人がたむろする場所にあるはず、すなわち、ネパールならタメル地区!と思ってタメルの本屋を探してみたら、どんぴしゃり!音楽コーナーにちゃっかり置いてありました。(ちなみに、バングラには、外国人がたむろする場所、ってのすらない。。)

この本、ちょっと高いのだけど(シンプルなシルクサリーが一枚買える値段)、どうしても欲しかったから、興奮で鼻息荒くしながら買うことにしました。(本屋のレジのネパール人お兄ちゃんは、私がネパール語もヒンディー語も分からないだろうと思って、他の店員に「おーい、この外人、すごく高い本買ってくゼ。」なんて話しかけたりしてた。それぐらいは聞き取れるっつーの。)

で、この本の内容ですが、タブラの教本、というより、ばりばりのタブラ研究書です。
叩き方だとか、タブラの歴史なんかも書いてあるけど、さらに、デリー、パンジャブ、ラクノウ、ヴァラナシ、フォルカバード、アジュラダの各ガラナ(流派)のトッププレイヤーによる演奏をボル(タブラの楽譜みたいなの)で表わして、しかも、それについて分析してあります。
こういうのが読みたかったの!
叩き方だとか、叩く内容だとかは先生から教えてもらっているから、別に必要とはしてなくって、それ以外の、インド人タブラ奏者が当然のようにやってるけど、外国人から見ると、理解がなかなか難しいこと、ってのが解説してある本が読みたかったのです。

インド人は、子どもの頃からずーっとインド音楽、タブラを聞き続けているから、自然に身についちゃっているものが多いのです。外国人には、それが一番難しい。
しかも、タブラの演奏ってのは、「即興」と言いつつ、決まったフレーズはあるから「半即興」で、でもそのフレーズの組み合わせや、伴奏で入れるタイミングなんかは、感覚でやってるから、やっぱり「即興」なの。
先日、どうしてもその感覚が分からなくて、先生に「どうやったら分かりますか?」と聞いたら、「それは、感覚だからね。サリーの下にジーパン履く?履かないでしょ?なんでか説明できる?」と言われちゃって、うーん、となりました。インド音楽、そういう部分が多いです。

しかし、この本、ロバートさんが書いてるだけあって、英語です。
英語にしろベンガル語にしろ、想像力で補って理解するのは得意ですが、知らない事を想像することができないので、辞書ひきながら読んでます。

が、面白いです。うふ。
[PR]
by shizuka_t | 2009-12-09 13:33 | インド古典音楽
ネパール、酒池肉林、バラタナティアム、とか
最近の日記をまとめて。自分用メモ。長くなるよ、これ。

某日~某日の8日間。
ネパールはカドマンドゥとポカラへ行ってきました。
「ネパール旅行やる気ない」なんて以前書いてしまったけど、ネパール、ごめん!めっちゃめちゃ楽しかった!
時には大人数で観光したり、ネパール在住日本人の方々に会ったり、他の国の旅行者達と話し込んだり、この8日間、色んな人とお喋りする時間が多くて、実はしんみり1人旅とかが好きだった私も、「これはこれですごく楽しい!いや、むしろこっちの方が楽しい!」となってました。本とか読むより、人に会って聞く話が一番面白いです、実際。
そんでもって、ネパールについては、バングラとの比較とか、色んな感想があるのだけど、その話はまた今度。
ネパールで一緒になった方々、お会いできた方々、外国人にも地元の人々にも最大の敬意を持って接していたポカラトレッキングガイドのネパール人男性さん、お世話になりました。ありがとうございました。
ネパールが人気な理由、本当に実感しました。

某日。
ダッカのアメリカンスクールにてダンスショーを観る。
ジャンルは社交ダンス、ってやつですが、
もう、あれだよ、ため息の出るような美しさ。
はっきり言って、キラキラの衣装、女性美、憧れます。うっとり。

某日。
「ダッカ飲み部」という名前で定期的に飲んでいる集団があるのですが、
その女ボスM嬢が日本へ帰国ということで、送別会。
無礼講。
酒池肉林。
介抱する人、される人。
暴れる人、被害を受ける人。
見ないふりをする人、真剣に見ている人。
(さっき思い出したのだけど、M嬢の額にペンで落書きしたの、私でした。
M嬢は今出国前で忙しいから、これを読むのは数日後のはず。みんな、ばらさないでね。怖いから。)

某日。
ベンガル料理を習いに行く。
ベンガル料理って、無駄がない。料理する方法自体が美しい。
チキン、ラルシャーグ、ベトキマーチ、ベジキチュリ。
美味しすぎる。

某日。
友人のベンガル人マダムMさんの娘さんNちゃんのバラタナティアム発表会。
バラタナティアムの最終試験で、これを終えるとダンサーとして名乗れる、というやつ。
(名前、忘れちゃった。英語の新聞には「デビューパフォーマンス」となってた)
バラタ、やっぱり大好き。
私の大好きなバラタのしぐさ、「手を腰に当てて、左右を見ながら後ずさりする」ってので、
かなり萌えてました。
そして、Nちゃん、まだ17歳なのに、本当にバラタ上手。
顔も可愛いから(モデル経験も有)、どんどん人気になってしまうだろうなあ。
性格も良いし、バラタ上手いし、私が男だったら、口説き倒します。

そして、今日。
習ったベンガル料理のうち、チキン、シャーグ、キチュリを作ってみる。
・・・不味くはないけど、感動もない。
なんで??
足りないのは何?愛情?


と、
楽しすぎる日々です。
ありがとう、ネパールの神様達&聖なるアッラー。
[PR]
by shizuka_t | 2009-12-06 23:51 | バングラデシュ



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧