Top
<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Raga Bhairavi 2
勝手にRaga Bhairaviを語る、の続き。

まあ、語るもなにも、ただの独り言ですので、そんな感じで。

今日の土曜日、午前中から、感動に打ちひしがれていました。
というのも、ラーガを詩で表現してある本「What the Raags Told Me」のRaga Bhairaviのとこを読んだらねえ、これが、あなた、めちゃめちゃ素敵だったの。

そうそう、この本、とてもオススメです。どんな本かは、過去の日記で。

まずね、この本、Ragaの前に、まずタンプーラの項目から始まってるぐらい、かなりちゃんと順序立てて書かれている本で、Raga Bhairaviは、やっぱり一番最後の項目。
※インド音楽は、実際のライブも、音の成り立ちも、まずタンプーラの音から始まる。そして、Bhairaviは、オールナイトコンサートの最後に演奏されるRaga。

そして、まあ、内容は思いっきり詩的で素敵なんだけど、ちゃんと和訳する力量が私にないから、かいつまんで書いてしまいます。(本当は良くないねえ。ごめんなさい。ぜひ、実際に読んで欲しい、と願いつつ。)

※Raga Bhairavi(バイラビ)とRaga Bhairav(バイラブ)は、違う2つのラーガなので、以降、注意!

***

Raga Bhairavi

「ああ、私は色んなラーガを学んできた。しかし、何を得られたというんだろう。」
と、私はうちひしがれている。
そして、部屋の片隅に置いてあったタンプーラを手に取ってみたが、タンプーラをつまびく勇気がでない。
しかし、いざ弾いてみると、すぐに音の世界に入り込み、とあるイメージが沸いてくる。
それは、シバ神だ。私はRaga Bhairav(シバ神を象徴するRaga)の気分にひたる。
すると、次は、柔らかく優しい光が私をつつみ、気づくとタンプーラの音は消え、そこには、Bhairaviがいる!
彼女は、私に語りかける、
「私の足元に広がっている様々な花々は、様々なRagaの象徴。あなたが望めば、現世でも来世でも、ずっとRagaの香りをかぐことができる。
そして私は、私独自の方法(Bhairaviの音階)で、私の夫(Shiva)を祝福する。
この私の美しい宝石(旋律)は、あなたのもの。そして、あなたも、私のもの。」
Mother Bhairaviは姿を消し、タンプーラの音が戻ってきた。私は、満ち足りた気分になり、また音楽の道を進んでいく。

***

文章がちょっとあれですが、にゃんだか素敵じゃないですか?
終わりのイメージと始まりのイメージ、そして、ゆるぎのない安定した宇宙的なイメージ。
※インド思想やヒンドゥー教思想的に、「Mother 母」というのは、「宇宙」のような大きな存在のイメージ。

ヒンドゥー教の神様が出てくるから、知らないととっつきにくいかもしれないけど、
私のこれまた勝手な思い込みだと、シバ神は、絶対的な神様。手の届かないところにいる、崇高な格好良いお方。
Raga Bhairavは、このシバ神そのもののイメージのラーガ。下は、BhairavのRaga Mala(ラーガを表わす絵)。水色の人がシバ神。
b0122370_283024.jpg


そして、Raga Bhairaviは、wikipediaだと、シバ神の奥さんの女の神様(カーリー、ドゥルがー)って説明になってるけど、下のRaga Mala(ラーガを表わす絵)ではシバ神を称える女性。そっちの方が私もすんなり思えるなあ。
※女の人がお花を供えてるのは、シバリンガといって、シバ神の象徴。まあ、男性器をかたどってあるのだけどね。
b0122370_210437.jpg


ま、そんなRaga Bhairaviに関することに、にゃんだか感動していた1日だったのでした。
ラーガは、面白いねえ。

下の動画は、Pt.Nikhil BanerjeeのRaga Bhairavi。タブラは、Pt.Anind Chattarjee。
ちょっと前は、NikhiljiのVCDが発売されただけで、すごく話題になったりしてたけど、今はyoutubeに貴重な動画があるんだから、すごい世の中だなあ、とかも、思ったり。


[PR]
by shizuka_t | 2011-01-23 02:14 | インド古典音楽
Raga Bhairavi
勝手にラーガを語る、3回目。
今回は、Raga Bhairavi。

※過去に勝手に語ったのは、このへん。
Raga Darbari Kanada
Raga Yaman
Raga Bageshree
Raga Megh

インド音楽のメロディーの勉強をちゃんとしていない私が、
勝手にラーガを語ります。
許してください。はぁと。

***

Raga Bhairavi、
らーが ばいらび、
大好き!

もうねえ、ロマンチックが止まりません。

なにこれ、初恋の切なさ?
いや、失恋に浸ってる感じ?
恋文書いちゃう?
セピア色のおもひで?
みたいな、甘さです。
いや、なんか、もっと大人の恋愛な感じですねぇ。
私、演歌が大好きなのだけど、
Bhairaviって、演歌と共通した、ねっとりした情感がある気がします。
「天城越え」みたいな。
ドロドロしてるけど、でも純愛、みたいな。

Bhairaviの音階など、詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。
英語です。
http://chandrakantha.com/raga_raag/bhairavi/bhairavi.html

去年のドーバーレーン(コルカタで毎年行われるインド音楽祭)の2日目の
最終演目は、Ustad Shahid ParvezのRaga BhairaviのDhunでした。
※Dhunてのは、light classical(準古典)、みたいに言われてるもので、
歌とかをベースにしてる、ちょっとポップで軽いノリの曲の種類デス。
インド音楽のライブでは、がつんと古典をやって、最後にDhunやって、ほんわか締める、
みたいな流れがよくあります。

でね、そのShahid ParvezのBhairaviですが、
Alapが始まって、
もう、私、涙目!
来るよ、来るよ!と待ち構えてたら、Dhunの美しい旋律!
眠気もとっくにふきとんで、さらに涙目!

というのも、
愛しのShahid様のBhairavi Dhun、音源で聴いたことはあったのだけど、
目の前で聴くのは、初めてだったの。
しかも、その音源テープをどこかに無くしてしまって、
「あー、もう、聴きたいのにっ!」となっていたのでした。

今思い出しても、
あのときの興奮ていったら、あー、もう!

なんと、youtubeで、同じDhunがありました。
素敵すぎます。

ちなみに、Raga Bhairaviってのは、明け方に演奏されるラーガなのだけど、
たいていは、オールナイトの演奏会の最後に演奏されます。
去年のドーバーレーンでは、最後の演奏者じゃない人がRaga Bhairaviを演奏して、
「ごめんなさい。私が最後だと思ってて、Raga Bhairaviを演奏しちゃいました。」
と謝る場面もありました。
でも、きっとその人は自分が最後じゃないことを分かってたけど、
どうしてもBhairaviが演奏したくって、演奏しちゃったんじゃないかな、
なんて思いました。
だって、Bhairavi、素敵なんだもの。

ustad shahid parvez khan-bhairavi dhun

[PR]
by shizuka_t | 2011-01-17 20:45 | インド古典音楽
漠然と、
漠然と、不安です。

***

先日、何年も会っていなかった、友人達に再会しました。

そのとき、言われたこと。

「うわー、噂で、『あいつは、驚くほど変わっていない。』って聞いてたけど、
本当に変わってないねー。」

・・・。

***

今日、銀行の窓口でいろんな手続きをしていたら、
カウンターの中で働いていた銀行員の女の子に、

「あ、もしかして、お姉ちゃんの友達?」

と、話しかけられました。

高校生の時からの付き合いの女友達(現在ドイツ在住)の妹でした。

その女友達とは10年ぐらい会っていないけど、
この妹なんて、高校卒業以来会っていない気がする。
しかも、会ったのなんて、過去に1・2回。

銀行の書類に私の名前も書いたけど、
苗字は変わってるし、住所も変わってる。

どうして私って、分かったんだろう。

・・・。

***

漠然と、

不安だ!

高校生の私は、
「二十歳ぐらいになったら、
ぽちゃぽちゃの頬っぺたがなくなって、私、きっと美人になってるはず。」
(「私、やせたら綺麗なはず」理論。)
と思ってて。

二十歳ぐらいの私は、
「あと10年ぐらいしたら、
ヒールの高い靴が似合う、綺麗なお姉さんになってるはず。」
と思っていました。

誤算だったようです。

高校生の頃から、何一つ変わっていないようです。

・・・。

でも、今から10年後ぐらいには、
杉本彩みたいになってる予定です。

私の知り合い各位へ。
このままいくと、
「格好だけムダに若くて、肌は歳相応に老けてる、変なおばさん」
になりかねないので、
何を今努力すべきか、教えてください。
目指すは、もちろん杉本彩です。
村上春樹が「40代で『抱きたい』と思わせる女性こそが、素敵な女性」と
言っていたのを、
今さら、真に受けてます。

にゃんて。

ちなみに、
タブラは10年後も、1年後も、1ヶ月後も何も目標はなくて、
「今できないことを、今日中にできるようにする!」
という思いで、毎日練習してます。

「具体的に目標決めたほうがいいよ」、とアドバイスしてくれる人もいるけど、
どうなのかしら。

にゃん。
[PR]
by shizuka_t | 2011-01-14 16:12 | 独り言
エクマットラがテレビに出るよ!
NHK BSハイビジョンで去年放送された番組が、
NHK総合で再放送されます。

『ミッション 僕たちが世界を変える』NHK総合
1月10日(月)成人の日 午前 10:05~10:59


私がバングラデシュ在住時代、少しお手伝いさせてもらったり、
子供と遊んだり、子供に遊ばれたりしていた、
NGOエクマットラが紹介されます。

この番組、すごくちゃんと作ってあって、
とっても面白かったので、おすすめです。
エクマットラのことも、バングラデシュのことも、
良く分かります。
エクマットラ代表の渡辺大樹さんが、電話で漫画家の西原理恵子さんとお話、
なんて場面もあります。ふふふ。

エクマットラのことは、ここに何度も書いていますが、
創設者の渡辺大樹さん&シュボシシ・ロイさんの思いに、
私、とっても共感してしまって、
しかも、それを実行してるもんだから、心底、尊敬しています。

そのままにしておいたらそのままのことを、
変えようと思って動いたら、変わるんだなあ、って。
もちろん、並大抵の努力ではできないことです。

下は、
エクマットラの設立当初から写真を撮り続けている、
写真家の青木雄介さんの作品。

生意気で、いたずら好きで、他人思いで、頑張りやで、心優しい子どもたちが
わんさか出てくるよ!


[PR]
by shizuka_t | 2011-01-08 11:42 | バングラデシュ
2011
明けまして おめでとう ございます。

すっかり明けましたねえ。
実は、日本でお正月を過ごすのは5年ぶりでした。
そのせいか、
「正月は、日本の一大イベントだーっ!」
というのを、心底実感しました。

シンガポールでの旧正月も、
バングラデシュでのボイシャキ(ベンガル新年)も、
周りに流されるまま楽しんでいましたが、
私の中の日本人DNAは、やっぱり日本の正月に正確に反応するなあ、
と、今回の年末年始で思いました。

正月に向けての年末のワクワク感と、
正月を迎えてからの、このホッとした感じ、
たまらないなあ。

まあ、年末は猫に噛まれて病院通い、なんてこともあったけど、
御節作って、正月飾り、鏡餅を飾って、
大晦日の夜中に大須観音行ってお参りして、甘酒飲んで、
と、
思いつく限りのザ・正月、をしてみました。

ちなみに、
年末年始で、うち中の全てのお酒を飲みつくした、
とか、
しらふの時間が極端に短かった、いや、なかった?
ってのは、まー、めでたい正月だから、いいよね。うん、いいはず。いや、いい。


ま、
今年も、いろいろ頑張りますので、皆様、よろしくお願いします。

イェイ!
[PR]
by shizuka_t | 2011-01-04 00:38 | 独り言



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧