Top
bloody tabla
相変わらず風邪っぴきです。
遊んでばかりだから自業自得じゃん、
はい、その通り。

熱があったから数日うちにこもってたのですが、気がついたら食料が底をついていて、お米もない、パンもない、キャベツはあるけど料理する気力はなく、あとはバナナのみ。
そんな時、友人宅におよばれしたので、「まだ食べるの?」という声を浴びつつ、ご飯3杯食べてきました。(Wちゃん、本当にありがとう!そして、みんな、心配してくれてありがとう!)

で、今日はタブラのレッスンへ。

こないだ習ったjaptaal(10拍子)のカイダを叩いたんだけど・・・
恐れてたことが起きました・・・

流血!

左手人差し指のアカギレから流血して、先生のタブラに血がついてる!
これねえ、2回目です。2週間前にも血をつけちゃって、謝りまくって、絆創膏もなかったからレッスンを中断してもらったの。
でも、今回は、先生の見てないうちにタブラ(バヤン)をドゥパタで拭ってみたり、傷口にパウダーをすりこんでみたり、人差し指では叩かないようにしたりして、なんとか血を止めました。

先生は前回「そんなのぜんぜん大丈夫ー」なんて言ってたけど、やはり人の楽器を汚すのは、心が痛みます。

12月に名古屋に帰ってたときは、もっと大変だったの。
日本は乾燥しているもんだから、両手にたくさんアカギレが出来ちゃって、練習するときは、絆創膏を貼りまくり。
素手で叩くとね、すぐに流血しちゃうの。痛いのは別に平気なんだけど、血がタブラにつくとねえ、タブラちゃんが可愛そうで・・・。
あるときは、シタール奏者の友人と一緒に練習してたんだけど、絆創膏を貼り忘れちゃったの。そしたら、練習中に右人差し指から流血してきちゃって、でも練習を止めたくなかったからそのまま続行してたら、「なに、それ!」とやっぱりバレてしまって、「そんなんじゃ叩けないでしょ。もう練習やめ!」となってしまったり・・・。
名古屋では、どうしてもライブでは絆創膏を貼りたくなかったから(音が変わるもん)、それまでは絆創膏で手を大事に守って、ハンドクリームを塗りまくって、「手タレかよ!」ってぐらい、手を中心の生活をしてたのでした。(実家で洗い物もしなかった!母、ごめん!)

ま、私、肌が弱いのです。
インド楽器は楽器に人が合わせなくちゃいけなくて、人は痛い思いをしつつ練習する、とよく言いますが、本当です、これ。
もし身近にタブラやシタールを演奏する人がいたら、一度手を見せてもらうといいです。
シタール奏者なんて、本当にドMな手だわよ!
[PR]
by shizuka_t | 2009-02-02 00:16 | インド古典音楽
<< ウルドゥー語 Jodhaa Akbar >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧