人気ブログランキング |
Top
サリー
今日は、歌のレッスン後にタブラの先生の奥さんとニューマーケットへ行ってきました。
目的は、サリーのブラウスとペチコートの布を買って、テーラーに出す事。
というのも、手元に日本から持ってきたシルクのサリーがあるんだけど、ブラウスがないために、今までバングラデシュでは着れなかったの。

サリーって、着物と本当に同じかんじ。着るためには、いろいろ用意するものがあります。

まず、ブラウスの布を買うために、布屋さんへ。
そこで、「このサリーに合う布を出して」って店員に頼んで、サリーと同じ色の布を出してもらう。サリーとブラウスは、色がちゃんとマッチしてないと「無粋」です。ちょっと違うけどいいかー、ってな妥協は一切ナシ!一緒に行った奥さんは「これも違う」「これも違う」と、ちょっとでも違う色だとすぐに却下してました。

で、ブラウスの布を手に入れたら、同じ店で、ペチコート用の布も出してもらう。もちろん、同じ色。

次は、テーラー。
そこはちょっと高いところだから、作るのに技術が必要なブラウスだけオーダー。
ペチコートは、奥さんの知り合いに頼んでもらう事に。

で、次は、チュリ屋さん。チュリって、手にジャラジャラつける輪です。これも、サリーと色がマッチしてないと「無粋」です。ここでも「このサリーに合うやつお願い」と店員に頼んで、選んでもらいました。これでもかっ!ってぐらいジャラジャラにしてもらっちゃった。

そして、耳飾と、ネックレス。これも、色がマッチしてないとダメ!
ところが、サリーの色がちょっと特殊な色で、そんな色のアクセサリーは売ってないのよ。
ざっと15軒ぐらいアクセサリーショップを見たけど、見つからず、今日のところは断念。
でも、アクセサリーなしではサリーを着る事はできないから、絶対に手に入れないといけないのだけど。。

あとは、額につけるビンディーを買って、サリーの裾に縫い付ける布(重みをつけて、サリーを綺麗に見せるため)を買って、今日のショッピングは終了!

サリーを着ようと思うと大変だけど、この準備も楽しいなあ。

実は日本でもサリーを着たことがあったけどね。今思うと、何て「無粋」だったことよ!
by shizuka_t | 2008-03-12 19:33 | バングラデシュ
<< kamala 春のインド音楽古... トムトム >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧