人気ブログランキング |
Top
猫とタブラ
誰かのインド旅行記に、

「ハンピの遺跡で笛を吹いたら、周りから鳥が集まってきた。私の笛の音色に鳥達が魅了されたのだろう。」

みたいなことが書いてあって、

そもそも赤の他人が書いている旅行記が好きじゃない私は(じゃあ読むなよ、って話だけど)、

「気のせいだってば!笛に関係なく、たまたまそこに巣があった、とかだって!あなたは関係ないから!」

と真っ黒い気持ちになったのだけど、

実は、

うちの猫のニコちゃんは、私がタブラを叩くと、寄ってきます。

バヤンの側に寝転んで、寝るでもなく、ボーッとしてます。

これって、私のタブラの音に魅了されちゃった?


・・・なんて、

「あなた、頭悪いでしょ」って声が今聞こえてきましたが、

いやいや、本当は、私も分かってるのよ!
タブラの音なんて関係なくって、猫は本能と習慣で動いてるから、なんとなくタブラの側でくつろぐのが習慣になっちゃっただけ、ってのはね。

でも、そう思うと、またなんだか切なくなるのです。

岡崎京子のマンガで、微妙な関係の彼氏とセックスした後に主人公の女の子が、「2人の間の物理的な距離は0.03ミリ(避妊具ね)だけど、精神的な距離はとてつもなく遠く感じる」って独白するとこがあるんだけど、それを思いだしちゃうの。

「私とニコちゃんとの間の物理的な距離はバヤン1個だけど、精神的な距離はとてつもなく遠く感じるわ」って、TRKTだのdha-dha-だの叩きながら。

いや、かなり違う話だけど、そう思っちゃうの!大島弓子も、猫との距離は遠いって言ってたもん!いいじゃん、頭の中で考えるのは個人の自由だもん!!どうせタブラバカ以前に猫バカだもん!


でも、実際のところ、猫がボーッとするぐらいの音量しか出せない、ってのは大問題です、私のタブラ。


b0122370_12111561.jpg


b0122370_12144266.jpg

by shizuka_t | 2008-09-16 12:20 | インド古典音楽
<< バングラの子供達 その1 昨日と今日の日記 >>



猫が書いた日記、のように内容の薄い日記、の意。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2013.12より移転しました。
new"猫の日記"

連絡先
karei.india@gmail.com
最新の記事
引っ越しのお知らせ
at 2013-12-15 22:42
一日で20時間寝ました
at 2013-04-21 19:21
明日、これ!!!
at 2013-04-16 08:40
カテゴリ
バングラデシュ
インド古典音楽
お知らせ
独り言
リンク
ブログパーツ
検索
以前の記事
2013年 12月
2013年 04月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 01月
2001年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧